公益財団法人全日本私立幼稚園幼児教育研究機構

事業計画書

令和3年度

本財団では、乳幼児期における子どもの豊かな育ちについて研究を深めるとともに幼児教育にかかわる者を支援し、幼児教育の発展並びに家庭・地域における教育力の向上に寄与することを目指して、今年度、以下の事業に取り組みます。

1、幼児教育にかかわる者の資質向上に関する事業

(1)2020/2021年度「教育研究課題」と「チャレンジ・ビジョン」の周知と啓発

(2)幼稚園・認定こども園における学校評価の充実に向けた事業の推進

  • ECEQ®(公開保育を活用した幼児教育の質向上システム)を各都道府県・地区と連携して実施する。
  • ECEQ®コーディネーター養成講座・フォローアップ研修の企画・実施

(3)免許状更新講習等についての企画・実施

  • 各都道府県・地区において免許状更新講習の実施

(4)「幼児教育実践学会」の実施

  • 第12回幼児教育実践学会を実施する。

(5)全国の研究研修の推進

①全国研究研修担当者会議の開催
  • 各都道府県における研究研修担当者のための研修会を実施する。
②地区教育研修大会の実施
  • 各地区において、地区教育研修大会を共催する。
  • 各地区の大会において、キャリアアップ研修のサポートを行う。
③地方の教育研修体制のサポート
  • 各地域における教育研修体制のサポートを行う。
④園長・リーダー研修の実施
  • 幼児教育のリーダーとしての資質向上のためカリキュラム内容に沿って園長・リーダー研修を実施する。

(6)各都道府県・地区における研修の体系化の研究

「研修俯瞰図」「キャリアアップ研修文部科学省分野」「免許状更新講習」の互換と研修の体系化に向けて研究するとともに、研修履歴のデータ保管を推進する。

(7)研修履歴の保管の啓発

幼稚園・認定こども園における学校評価や処遇改善IIに係る研修、免許状更新講習への互換に向けて、「研修ハンドブック」等を用いた研修履歴を保管することの啓発をはかる。

(8)教員免許状上進への啓発

幼稚園教諭2種免許状を1種に上進するための環境づくりと啓発をする。

(9)優秀教員表彰者制度の実施

本財団「優秀教員表彰者制度」の施行に伴い、被表彰者の選定を行う。

2、幼児教育に関する調査及び研究

(1)乳幼児期の教育環境のあり方の研究

幼稚園の環境として砂場に焦点を当て、遊びの中での行動や人間関係、言葉の発達などについて調査し、子どもの育ちの視覚化を行う。

(2)幼稚園における「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」の意味を社会に伝える

5歳児が幼稚園にいることの意味を足掛かりにして、幼児教育の重要性を保護者、地域、社会に啓発するとともに、幼小接続につなげる。

(3)幼児教育実践事例研究

各都道府県、各地区等で研究されている実践事例について、幼児教育実践学会において口頭発表ならびにポスター発表で研究発表を行い、その内容を私幼時報に掲載する。

(4)幼稚園におけるカリキュラム・マネジメントの研究

幼稚園において適切な教育課程を編成し、実施・評価し改善していく、カリキュラム・マネジメントについての研究を行う。

(5)幼稚園におけるインクルーシブ教育システムの充実に関する調査研究

(6)学校評価

  • 本財団が開発したECEQ®(公開保育を活用した幼児教育の質向上のシステム)を文部科学省委託研究としてCedep(東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター)との連携のもとで得たECEQ®コーディネーターの役割やポイントを幼児教育の質と共にまとめ、発信する。また、ECEQ®の取り組みや今までの研究を踏まえて、国際交流をはかる。
  • 自己評価と学校関係者評価の実施率の向上に努める。

(7)文部科学省委託研究へ向けての準備

コロナ禍にあっても、コーディネーターの養成が全国で促進されるように、WEBを活用したコーディネーター養成のシステムを研究する。

(8)授業目的公衆送信補償制度の研究と普及

ウィズコロナ時代の新しい幼児教育の手法として各園が利用しているオンライン動画教材において、音楽利用の著作権の問題を解決する授業目的公衆送信補償制度を研究し、その適用方法や注意点を各園に普及する。

3、家庭・地域における幼児期の教育力向上への支援と広報活動

(1)PTAしんぶんの発行

子どものしあわせを願う親と先生のひろばとして発行してきたPTAしんぶんを引き続き年11回発行する。令和3年度は制作会社を変更し、紙面のリニューアルをおこなう予定。また、4月号を特別号と位置づけ拡大配布を行い幼児教育の重要性を社会に伝える。

(2)賛助会員(園児の保護者等)の加入促進

賛助会員(園児の保護者等)の加入促進に努める。

(3)私幼時報の発行

全国の私立幼稚園・認定こども園の設置者・園長を対象に発行してきた私幼時報については、今後も発行を行っていく。令和3年度は、発行方法や内容について精査検討を進め、年12回、8千900部(1回あたり)発行予定。

(4)ホームページを活用した広報活動

現状のホームページの内容を整備・検討して、幼児教育に携わる者、子育て中の保護者などに向けて、子育ての大切さや尊さを訴えていくとともに、幼児教育にかかわる必要な情報提供の充実を図る。

(5)調査の実施

幼児教育に関する調査を必要に応じて検討・実施し、情報把握ならびに広報啓発活動を行なう。

(6)幼児教育の発展に寄与する絵本の顕彰

幼児教育の発展に寄与する絵本を選定し表彰することについて検討・実施し、広報啓発活動を行なう。

(7)こどもがまんなかPROJECT推進のための広報活動

PTAしんぶん、私幼時報またはホームページ等を通じてこどもがまんなかPROJECT推進のための調査広報活動を行なう。

4、幼児教育における国際交流等に関する事業

(1)諸団体等と協力し、私立幼稚園教諭の国際交流、協力について研究を行う。

(2)我が国における幼児教育の充実発展に寄与するため、文部科学省やOECD等の協力を得て海外における小学校入学前の子どもの教育事情について調査し、その紹介を行う。

5、本財団の組織・運営に関する事項

(1)公益法人として独立した適正な運営のための研究と推進

  • 会費の徴収方法の検討
  • 各都道府県団体や私立幼稚園等との連携方法の検討
  • 委員や委員長の選任方法の検討
  • 事務室体制の整備と強化
  • 事業の整理
  • 永続的な運営を可能とする収支の検討(寄附金の導入等)
  • 上記に伴う定款や規程の整備

(2)各都道府県団体、地区会との情報共有と連携の強化